2022.04.10

【リフォーム小話】 ~トイレ編~ 隠れた劣化   

顔写真
こんにちは、リフォーム担当の『E』です。

季節も春になり、暖かい日が続いています。
毎日、営業日和! 今日も元気に営業活動をしております。

リフォーム小話、今回はトイレ編です。

10年から15年ほど経過すると出てくる、便器の交換工事。

小規模な工事ですが、便器が変わると気持ちがいいですよね。

さて、そんな便器の不具合ですが、代表的なのがタンクやウォシュレットからの水漏れです。

私もその箇所からの水漏れで、工事のお話をいただくケースが多いです。

しかし、ご紹介するケースは今回は『見えない漏水』です。

閲覧注意です、、、

トイレ排水

こちらは便器を設置する前に床に取り付ける『フランジ』と呼ばれる部材です。
経年劣化により、パーツが曲がった結果、その隙間から漏水。結果、床下に排水が漏れている状態でした。

その箇所が漏水していた証拠に、周囲のビスが酷く腐食しているのが分かると思います。

ご自宅の便器も見えない部分ではこうなっているかもしれません、、、

その場合はこのように

フランジ 新品

新品に交換することで、対応いたします。

たとえ、水漏れがなくとも、早めの交換をオススメいたします。

ではまた、次のリフォーム小話でお会いしましょう。

最新のお知らせ&ブログ

お知らせ

冬季休業のお知らせ

お知らせ

夏季の営業のお知らせ