TECHNOLOGY構造・性能

家に「強さ」と
「快適」と
「きれいな空気」を。

ご家族のかけがえのない日々を、いつまでも支え続けられる家をつくりたい。
そのような想いのもと、太平ホームは家の基本性能にどこまでもこだわっています。
見えない部分のクオリティが、誇り高い暮らし心地を支えています。

耐震性 | JWOOD工法

繰り返し起こる大地震にも負けない家を。

熊本地震では、1981年に新耐震基準が定められて以降、あるいは2000年に壁量バランスや金物使用の基準が明記されて以降の建物でも倒壊した建物がありました。震度7の前震に耐えても、ダメージを受けて耐震性能が低下し、2度目の震度7には耐えられなかったのではないかと考えられています。
太平ホームは、熊本地震をきっかけに「JWOOD工法」を採用しました。金物で接合部を強くし、構造材「JWOOD LVL」が持つ高いクギ保持力で耐力面材の浮きを抑えるこの工法で、繰り返し起こる地震から建物と「人」を守りたいと思っています。
構造材の防蟻・防腐性能や寸法安定性が高いため、長持ちする家、省エネ性能の高い家をつくることができるのもこの工法の特徴です。

耐震性 木造軸組構法

断熱性 | 高性能樹脂窓

家の中の居心地を変える大きな存在。

2枚のガラスの間に熱の出入りを軽減するアルゴンガスを封入、さらに内側を金属でコーティングし、単板ガラスの約4倍の断熱効果を発揮する「Low-E複層ガラス」を採用。また、結露が発生しにくい樹脂製サッシを採用。夏涼しく冬あたたかな室内環境を実現し、結露を防いで家の長寿命化に貢献します。

断熱性 高性能樹脂窓

空気の質

家族の健康を守るきれいな空気を。

壁や天井には、石こうボードにシックハウス対策機能をプラスした「ハイクリンボード」を採用しています。ホルムアルデヒドを吸収分解し、室内の空気をクリーンで健やかにします。新築時にありがちないやな匂いを軽減するというメリットもあります。

空気の質

断熱性 | 断熱材

一年を通じて快適な家を目指して。

外気に接する天井・壁・床には高性能グラスウール「アクリア」を標準装備。結露に強く、燃えにくく、長寿命の「アクリア」をぎっしりと詰め込むことで冷暖房の効きが良く、夏涼しく冬あたたかな室内環境を実現しています。

断熱性 断熱材